子供と、トレーニングウエアとランニングシューズを買いに行きました。比較的、日曜日は、明日のことを考えて、お客さんも予想に反して少なく、ゆっくりと、お買いものをすることができました。
たまたまではありますが、セール中で、10パーンセント引きというような幸運がありました。すると、30代くらいの男性が、子供と一緒に選んでいる自分たちを見て、ほかのエリアに移動していきました。
不思議な光景だったのかもしれませんね。高校生の男の子が、お母さんとお買いものに来るなんて、少し前の時代には考えられないことなのかもしれません。
もちろん、ベタベタしていませんよ。さっぱりと、一瞬で、買うものを決めて出て行きました。目的が決まっているので、悩まないのです。そこにあるものをチョイスしたというわけです。
中には、結構な時間をお買いものに使うお子さんもいたりします。そうなると、親と一緒は無理ですね。きっと、イライラしますから。