Month: 1月 2019

「それはいいのか?」と思った、昨日のイッテQ!

イッテQのお祭り企画で、いくつかの祭りが実在しない、企画のために用意された祭りが「やらせ」と騒がれた問題

昨日の番組で、冒頭3分に亘り、真っ白の画面に謝罪文が載り、アナウンサーの無機質な声で読み上げられました
そしてお祭りシリーズは中止…

しかし、問題はその後のコーナー

イモトが世界を回り、珍獣やその国の習慣を紹介する人気企画「イモトのワールドツアー」でそれは起きた

今回訪れた国は、アフリカのガーナ。コーナー名にはまだ「珍獣ハンター」と付いているが、もう最近では珍獣ハンターより、その国に住む部族の風習を紹介している方が正しい…

まぁ、それはいいとして、最近、このコーナーで定番になりつつあるのが、呪術師による占いである

そして占いの多くは、誰が見ても明らかに嘘のやらせに近いものばかり

イモトをはじめ、スタッフも嘘だと分かっている上、ナレーションですら嘘やインチキを指摘するほど…

テレビ局が依頼したり、制作会社が準備していない。実際に行われているとはいえ、あそこまで見え見えのインチキをTVでしていいのか?

インチキだというのはナレーションやイモト自身が指摘したり、演出でインチキっぽくしているが、やらせ報道で謝罪した放送でやるんだな…

もちろん、私はそんなことにツッコミつつも楽しんでいました

世界には色々なことがあります。バラエティーの一企画に嘘だのやらせだのとやり玉に挙げなくてもと思っていますミュゼ ハイジニーナ

私がガラケーからスマホに変えるまでの道のり

私は長年ガラケーを愛用していました。周囲がスマホに変えても電話とメールができれば十分で月額1000円程度で維持できて快適でした。
自宅にはSIMのないスマホも一応あり、光回線を契約しているのでwifiを利用してアプリも楽しめるので、ガラケーとSIMなしスマホの運用は月額の料金を安く維持したい私には合っている方法でした。
徐々に格安スマホが普及し始めて、キャリア以外の会社も選びやすくなり、通話とデータ通信料金を入れてもガラケーの頃と似た金額で維持できることを知ったものの当初はガラケーを手放すつもりはありませんでした。
所が愛用していたガラケーが故障してしまい、使い続けるには中古でガラケーを購入するしか選択肢がなかったので、中古を買うくらいなら新しい物を買おうと決断をして私も晴れてスマホの利用者の仲間入りをしました。正直サイズが大きくて持ち歩きには不便だと思いますが、今までのガラケーとは違ってメールの確認がしやすくなった点は気に入っています。
何かキッカケがない限りはスマホに変えようと思わなかったので、良かったです。すっぽん小町 取扱店